通夜と葬儀

「お通夜」という儀式があります。葬式とは違ってお通夜なんですが、
実際にどういう事か理解しているでしょうか。
お通夜とは、もともと故人またはその遺族の方達と生前に親交が有った人達が、
そのご遺体と共に一晩過ごす事を指しています。

生前親交が深かった人たちが一晩一緒に過ごすことで、
故人の霊を慰めてあげる事ができ、邪霊が入り込むのを防いでくれる、
といういわれがあるようです。こう言った意味合いから、
一晩中ロウソクを灯す等灯りを絶やすことなく、
お香も絶やさない様に、一晩ずっと過ごすという儀式です。

今でも一部地域では行われているようですし、
その際は一晩中行われるものとして、慣習になっていましたが
現在では地域にもよりますが、半日程度、
1時間から3時間ほどで終わる「半通夜」という形式で行われている所が増えてきているそうです。

また、親族と離れて住んでいる関係上、
近くに住んでいる家族だけで故人を供養する「仮通夜」を行う所も増えてきていて、
本通夜を葬儀と告別式の前日に行うケースも増えてきているそうです。

お通夜に弔問する場合には、まだご遺体がある場合が多いですので悲しみも深いと思います。
ですからご遺族の方に心からのお悔やみの言葉をかける様にする事が大切です。

お通夜は葬儀と違って受付をする方がいないのが一般的です。
ですからお香典を祭壇に直接置く様にするのですが、
表書きを自分が正面になるように置く様にしましょう。

ちなみに、受付をする方がいる場合には、
お香典は受付の方が正面になる様に手渡しする様にしましょう。
お通夜にいく事が出来ない場合には、弔電を打つと良いでしょう。

通夜が終わると葬式です。葬式はシンプルなお葬式や小さなお葬式など、
定額葬儀が話題です。シンプルなお葬式 口コミで通夜や葬儀も分かりやすい費用で行いたいですね。

クレジットカードと信用

私は、学生を卒業してクレジットカードを所有できる年齢になったときには、すぐに申請して数枚のクレジットカードを所有しました。その時に手にしたクレジットカードを現在も更新しながら使い続けています。

私の友人にいるのですが、ゴールドの色をしたクレジットカードを財布に入れているのです。確かに仕事での地位もいくらかあるのですが、収入自体はそれ程高いわけではありません。

ゴールドカードは収入に応じて所有できるのではないかと考えていたのに、そうでは無いようです。クレジットカード会社によってはカードの色なんて全く関係なく、年会費が支払うことができれば、シルバーカードやプラチナカードも所有できるようです。

カードの色なんて私たちユーザーが付け足したようなイメージなので、色にそれ程こだわるなら、年会費無料のゴールドカードを探してゲットすることもできるようです。

ただ、そこで大事になってくるのが信用度です。これまでクレジットカードで決済を完了した全ての利用金額がどれだけあるのか?そして、最も大事なのがクレジットカードの引き落とし日に遅れずにお金を準備できているかということ。

カード会社が信用してお金を一時的に立て替えている状態なので、この信用を裏切ることなく真面目に支払っているか?の積み重ねが大事なのだとか。